不妊症の検査について

不妊症の治療を今までとは違う病院で行う場合は、今までにした

不妊症の検査を繰り返し最初から行うのかということが、気になる

と思いますが、良心的な病院では、必要ではないと思われる検査は

極力行わない方針にしているようです。他院で検査をしても、その

精度が十分であれば繰り返し行うことはしません。しかし、精度に

問題がある場合や前回受けられた検査がかなり以前の場合(6ヶ月

以上前)には再検査が必要になることもあるようです。

不妊の期間が短くても不妊症検査を受けたほうがよいか

不妊の期間が短くても不妊症ではないかという不安をお持ちの方は

「妊娠したい時が治療開始の時」でもありますので、クリニックの

医師のカウンセリングを受けたほうがよいと考えています。

不妊期間が短くても隠れた不妊原因が見つかる場合もありますし、

より妊娠しやすいコンディションをつくることのできる知識を習得

できることもあると思いますので、まだ不妊期間が半年や1年など

短いかたであっても、早く妊娠したいのであれば、とりあえず、相

談や、カウンセリングだけでも受けたほうがいいと思います。

産婦人科では、不妊治療を考えていらっしゃる方なら、どなたでも

カウンセリングを受けていただくことができます。

不妊症の診断

不妊症の診断で、まず始めにしなければならないのは基礎体温表を

みて、排卵の有無を判断することです。不妊症を治療し、子どもが欲

しいと思ったらまず、基礎体温を測定することが、不妊症治療の第

一歩となります。そして、基礎体温表には夫婦関係を持った日や月

経の期間とその時の量などを書き込んでおくと後々便利です。少な

くとも3周期以上は測っておくことが不妊症治療には大切なことで

す。そして、その基礎体温表で2相性を示し排卵が認められている

のなら、不妊症の原因が子宮の入り口の子宮頸部、子宮、卵管のい

ずれかに原因があるのではと推定されます。

先ず、不妊症ではと産婦人科に相談に行った場合、あなたの基礎体

温表を診ながら問診することになると思います。過去の病歴や月経

歴などを訪ねられます。そして、内診台に上がり双合診による子宮

の位置や可動性などを調べると思います。また、腟鏡をもちい子宮

腟部の炎症や感染の有無なども診るはずです。そして採血をし、肝

機能や腎機能の検査に加えて各種ホルモン値を測定することになる

と思います。

このようにして妊娠のメカニズムのどこに問題があり、不妊症にな

っているのかという原因を診断することから不妊症治療は始まりま

す。また、ご主人の精液を採取して健康な精子が、十分な数いるの

かを検査します。

不妊症治療/子宮の状態

不妊症を治療し解消するにはまず冷え性を改善し、血流の良い身体

を作るということが基本となります。

不妊症の改善・不妊治療の効果をあげるには、まず身体の内面から

良くしていくことが大切なのです。

まず、このような身体作りをしないで不妊症治療に励んでも、効果

があがりにくく妊娠しづらくなってしまいます。

赤ちゃんは暖かく居心地の良い子宮の中ですくすくと育ちますので

、不妊症治療において冷え性の改善はとても大切なことなのです。

不妊症治療/低体温について

不妊症治療について調べていたら、不妊症と体温の関係がありまし

た。

人間の身体が活発に働くために必要な温度は37.2度で、 わきの下

の体温が36.5度前後なら、体内温度は37.2度程度あるということに

なり、生命力が最も活発になる体温で、細胞の新陳代謝も活発に行

なわれます。

逆に体内温度が37.2度に満たないと、免疫力の低下、自律神経の失

調、ホルモンのアンバランスなどを引き起こす原因になり不妊症を

誘発することもあります。

ことさら妊娠に関しては、自律神経やホルモンのバランスが密接に

関係していますので、不妊症治療では体温を上げることも、とても

大切なことなのです。

不妊症治療/不妊症の原因

不妊症治療をしているかたのなかでも、これとって原因がわからな

いのになかなか子宝に恵まれないということで悩む夫婦は、全体の

30%もいらっしゃるということです。

また、不妊症治療をしているのに効果が現れない、例えば、卵子や

精子がうまく発育しない、元気がないなどの理由で人工授精をして

も不妊症が解消されない場合も多いといいます。

このような場合は、冷え性が生殖機能を低下させ、不妊症の原因に

なっていることが非常に多いと聞きます。

更に、子宮筋腫や子宮内膜炎・子宮内膜症、黄体機能不全などの着

床障害による不妊症、無月経や希発月経などの排卵障害による不妊

症なども、その原因をたどると冷え性という問題に行きつくことが

非常に多いとのことです。

現代社会は、食習慣や生活習慣、ストレスなどが原因で身体が冷え

やすい環境にあります。

自分では冷え性だと自覚のない場合でも、実は体温が低い低体温症

になっている人は意外に多いのが実情です。

逆にいえば、不妊症がなかなか解消されず悩んでいる方も、からだ

の冷えを取り除くことによって子宝に恵まれる可能性が高いという

ことを知っておいたほうがいいと思います。

不妊症治療/体外受精・人工授精

不妊症治療において、非常に高額になり、難易度も高い体外授精と

人工授精については、現在は保険適用は行われておらず、自費ある

いは研究費の中でまかなわれているのが実状のようです。 不妊症

を克服し、自分の赤ちゃんがどうしても欲しいかたの最終的な

不妊症治療となる、体外授精では、約20%、人工授精では約10

%と、成功率が低く、多胎妊娠や早産に関する安全性についても課

題が残されており医学的に確立された技術とは必ずしも言えないと

いうのがその理由のようです。

また、不妊症を克服するために、授精そのものを人工的な手技によ

って行うことの妥当性や、 男女生み分け問題、代理母の問題とい

った点に関して社会的な合意 が十分に得られていないという理由

もあります。

体外受精・人工授精などの不妊症治療の保険適応化については日本

産婦人科学会や日本母性保護産婦人科医会などの関係専門団体など

においても、様々な意見や議論があり、統一した見解が出いないこ

とも結論を遅らせている要因の1つです。

しかし、体外授精や人工授精が不妊症の夫婦に福音となっているの

も事実です。 厚生省保険局では今後、安全性などの医学的課題が

解決され、社会的にも合意が 得られた時点で、この問題に関して

は、検討を行う方針のようですが、はっきりとした時期と結論は不

明です。

不妊症治療をするには、まず原因解明

不妊症の原因が男性にある場合>

男性の不妊症の原因のほとんどが精子の数自体が少ないか、または

精子の数はいても元気がない場合です。まれに無精子症があります。

昔は、男性が成人してから「おたふくかぜ」にかかると、精子が死

でしまうため不妊症になるといわれていましたが、すべてそうでは

ないようです。


<不妊症の原因が女性にある場合>

女性の不妊症の原因のほとんどの場合は、子宮内の血液の循環が悪

く血液がスムーズに流れないことにあるようです。ホルモンの分泌

が悪く、大きくて立派な卵子が成長しないことが多いようです。

又、黄体の機能が悪いため子宮内膜の状態が悪くせっかくの受精卵

が子宮内膜に着床しにくくなっています。

不妊症以外でも女性の場合は、ホルモンに悩まされますが、不妊症

治療
もホルモン分泌改善がカギとなるようです。

不妊症について

不妊症について>

「不妊症かどうかわからないが妊娠しない」とか「病院で不妊症の

治療を受けているがなかなか改善されない」「体外受精や人工授精

を何回も受けているが良い結果が出ない」などで、漢方薬やサプリ

メントを探している方が結構多いですね。

ホルモンのバランスが悪くてよい卵子が育たない、子宮内膜症が原

因で着床ができない、生理不順が原因であったり不妊症の症状も様

々のようです。

また、最近は男性の不妊症も増えてきています。精子の数が少なか

ったり、元気がなかったりすることが主な原因で不妊症の治療を受

けているようです。


■ 不妊症とは

不妊症とは正常な夫婦生活があって、2年以内に妊娠しない場合を

定義しています。これは、通常、世間の夫婦の90%以上が結婚後

2年以内に妊娠するという事実に基づいています。過去に一度も妊

娠の経験がないものを原発性不妊、妊娠したことはあるがその後2

年以上妊娠しない場合を続発性不妊と言います。 子供が欲しい夫婦

にとって不妊症は切実な問題なのです。


■ 不妊症の原因

不妊症の女性側の原因は約5割で、男性側が約3割、その他の原因

不明が約2割ということです。

不妊症治療は痛みに弱くても大丈夫?

不妊症治療に限らず、だれでも痛みには弱いものです。いい病院な

ら、患者さんの立場になってちゃんとその辺も考えて、痛みの少ない

不妊症治療を心がけてくれています。痛みのある治療ではリラック

スが出来ないからです。

なぜリラックスすることが、不妊症治療に大切であるかというと、

緊張すると全身の循環が悪くなります。リラックスすると循環が良

くなり性ホルモンの分泌が盛んになります。また子宮も緩んで着床

がしやすくなるからです。

リラックスするのが下手なかたには、カウンセラーがリラックスの

方法を指導したりしてくれますよ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。